Net Business Winner

外資系企業でビジネスを極めた男によるネットビジネス、せどり、  ビジネス書その他気になるニュースを解説

プロフィール

      2017/11/03

突然ですが「ビジネスの成功者」と聞いてあなたは今誰を思い出しますか?


「ウィンドウズ」でビジネスを一変させたビル・ゲイツ?

それとも、iPodで音楽ビジネスを変革し、iPhoneで「ケータイ」を「スマホ」で塗り替えたスティーブ・ジョブス?

今なら不動産王から大統領にまで登りつめたドナルド・トランプかもしれません。

 

日本にだって「経営の神様」と言われたパナソニックの松下幸之助、ソフトバンクグループを一代で築き上げた孫正義もいますね。

彼らにはある共通する点があります。そこには後ほど触れていきたいと思います。

 

自己紹介します

申し遅れました。私はパーソナル・デベロッピング・カンパニー代表、伊坂と申します。

「プロフィール」のページなのにいきなり何を語っているんだ?と思われたことでしょう。

でも、とても大事なことなんです。なので、皆さんにどうしても見ていただきたくて「ビジネスの成功者」の話からさせていただきました。

 

海外旅行はお好きですか?

ところで、あなたは海外旅行はお好きですか?私は大好きです。

 

ハワイ、マウイ島の砂浜で波の音を聞きながら、沈みゆく夕日を眺めて一日が終わる。

スイス、朝もやの中浮かび上がるマッターホルンと羊たちの鳴き声。

バリ島、闇の中に浮かびあがる炎とダンスと音楽のリズム。そして、香辛料の香り。

香港、雑踏にそびえる摩天楼。大声で話す人々のパワー。

韓国、キムチと焼肉でもたれた胃をサムゲタンで癒やす。

ニューヨーク、ホットドッグにかぶりつきながら、人種のるつぼの中をさまよい歩く。

 

どれも素晴らしい経験でした。でも、すべて私はお金を一切出していません。

これは全部勤めている外資系企業のインセンティブとして獲得した、いわばご褒美です。

外資系企業はそんなものです。稼いだ人にはご褒美を、そうでない人には・・・わかりますよね。

厳しい世界です。

 

リアルなビジネスの世界で稼ぐということ

これでご理解いただけたと思いますが、私はある外資系企業で常に最高の結果を出し続けています。

「これこれこういう契約を勝ち取った」「○○千万円稼いだ」と書いてもいいのですが、それだとわかりずらいと思って、ご褒美の方を書きました。あれだけのご褒美がいただけるくらい稼いでいる・・・これは紛れもない事実です。

 

どんなビジネスをしているのか?とお聞きになりたい方のために少しだけお話しておきますと、数百円の商品で何百億稼ぐ、そういうビジネスです。非常に競争が激しく、まさに「生き馬の目を抜く」状態です。

 

そんな中で稼ぎ続ける、それは「運」だけでは無理です。1回なら勝てるかもしれません。

でも、「勝ち続ける」にはちゃんとした「ビジネスの法則」が大事です。私もそれを身に着けているからこそ、これまでの結果が得られたのだと確信を持って言えます。やっぱりビジネスには「やり方」があるんです。

 

ここで最初の話に戻りましょう。ビル・ゲイツを始めとした「ビジネスの巨人達」、共通点は何でしょう?

それは「実在の商品やサービスを売買することで巨万の富を稼いでいる」ということです。

 

例えば、ビル・ゲイツ。今では「Windows」の無い世界なんて考えられませんが、一昔前はPCといえば、IBM、あるいはAppleなんて時代もありました。

でも、ビル・ゲイツは決して諦めることなく、着実に「Windows」を改善してとうとうビジネスにはかかせない存在にしてしまいました。今では世界一の大富豪です。

 

こんなビル・ゲイツにビジネスを教えてもらえる、たまたまそんな状況になったらあなたはどうしますか?

私なら飛び上がって喜んで、どんな約束も全てキャンセルしてビル・ゲイツについていくでしょう。

それくらい「ビジネスの成功者」から学ぶことはとても有益です。いくらお金を出してもいいといってもくらいの価値があります。

 

ネットビジネスの世界

ところで、このサイトの名前は「ネット・ビジネス・ウィナー」。つまりネットビジネスでの成功者という名前なんですが、おまえはいつネットビジネスの話をするんだと怒られてしまいそうですね。ここまでお付き合いいただいたお礼をしなくてはなりません。

ありがとうございます。いよいよ、ネットビジネスの話をしていこうと思います。

 

なぜネットビジネスでは「成り上がり」「失敗談」「精神論」ばかりが語られるのか

私がネットビジネスを始めた時に一番不思議に思ったことが、これです。実際のビジネスでは最高の結果を出しているとはいえ、ネットビジネスはきっと別の世界なんだろう、ネットビジネスで成功している人達に教えを請うた方がいいだろう、私は当初そう思いました。

あなたもそうかもしれません。

 

そして、少し調べてみるといっぱい出てきますよね。成功談の数々。自称「成功者」も数え切れないくらい、それこそ星の数ほどいます。

面白いのはその内容がいくつかのパターンにわかれること。

 

例えば「成り上がり」。自分はうだつのあがらない男でしたが、ネットビジネスではあれよあれよと成功を収め、今ではこんな素晴らしい毎日・・・。

一部上場の会社に努めていましたが、実はブラック企業。ネットビジネスで給料以上を稼ぎ出し、あっさり会社を辞めて今では週に2日も働けば充分。

 

どうですか?このサイトを開いてくれたということは、あなたもネットビジネスに少なからず感心を持っている方でしょうから今までに

どこかで目にしてきましたよね?こういった内容。

 

例えば「失敗談」。株に手を出して数千万円の借金を抱え、明日をもしれない日々。それがネットビジネスのおかげで借金も全て返済、稼ぎまくってます。

 

例えば「精神論」。最後はやる気なんです、テクニックは全て教えます、あとはあなたがやる気を持つだけです。

 

とか。

 

ネットビジネスも「ビジネス」なんです

一通りネットビジネスについて調べてみて、私はこう思いました。「なんなんだ、これ」。いえ、偉そうなことを言うつもりじゃないんですよ。

でも、ネットだろうがリアルだろうが「お金を稼ぐ」そこは変わらないはずです。それなのに、ほぼ全てのサイトが「ネットビジネス」の特殊性と自分独自の方法論の素晴らしさを説いています。

 

それっておかしいですよね?「ビジネスの法則」に則ってきっちり勝負した方が、成功率も高いはず。そう思いませんか?

私は思いました。そして、ある結論に達しました。それは・・・

 

ネットビジネスの世界の成功者は「たまたま」な方が多いんです。「たまたま」流れがよかった。「たまたま」いい商品に出会った。「たまたま」試した方法が当たった。

だから、あなたが試した時にも「たまたま」上手くいくかもしれないし、上手くいかないかもしれない。そんなギャンブルしたいですか?

 

スタンダードなビジネスとネットビジネス、なぜ両方やらないの?

私はギャンブルをする必要もないし、したくもありませんでした。なぜなら、リアル企業で結果を出し続けていますので、切羽詰まっているわけではないからです。

ただ、ネットビジネスの世界で今まで自分が培ってきた「ビジネスの法則」が同じように活かせるのか?そこにはとても興味がありました。

 

で、実際試してみたわけです。「ビジネスの法則」はやっぱりネットビジネスでも、とても有効でした。私の給料はとても高額ですので、他の人みたいに「1ヶ月で給料を超えた実績を出したので、すぐさま会社やめました」みたいなことは言いませんよ。

そもそも考えてもみて下さい。「給料分稼げて」会社辞めちゃったら、大赤字ですよ。福利厚生、各種保険、年金・・・。会社員でいることのメリットは思った以上に大きいはずです。

確かに給料の2倍を週休3日で稼いだら+かもしれませんが、私が目指したのは「今の高い給料」の上積みです。

 

そして、実現しました。元々の「外資系企業での成功」はそのままに、そこで得た知識をもとに「ネットビジネスでも成功」することに。

自分としても「ビジネスの法則」は「リアル企業」でも「ネットビジネス」でも、どちらでも活かせる、そのことにとても自信を深めています。

 

「ビジネスの法則」を知るには?

話の流れから言ったら、「実はあなただけにビジネスの法則を教えます。今なら格安50%OFFに致しますので、今すぐ申し込みを!」となりそうだなと思ったあなた、とても賢いですね。でも、ネットビジネス系のサイトの見過ぎかもしれません。

 

私も一朝一夕に「ビジネスの法則」を身に着けたわけではないのです。

多くのビジネス書を読み(しかもそのほとんどは役に立たない!)、知識を実際のビジネスで試してみる。

その繰り返しを長年かけてやっと体得することができたものを、わずか数十枚のPDFにまとめて「はい、これを読んでいただければあなたも明日から成功者の仲間入りです!」とはいかないのが現実です。

もしそういうことを期待されていた方がいたら、あやまります。申し訳ありません。

 

ここで私ができること

では、私がわざわざこのサイトを作って何をしようとしているのか?

 

それは、今までの積み重ねで得た「ビジネスの法則」に関する知識を軸に、ネットビジネスを眺めた時に気づいたことや思ったことを共有する形なら、あなたのお役に立てるかもしれない。そう思ったからです。

 

と、同時にインチキくさい「ネットビジネス」の世界に少しでもスタンダードな「ビジネスの法則」で一石を投じたいとも思っています。

 

ですので、ここではこれからネットビジネス全般について、リアルビジネスとネットビジネスの両方で得た知識をもとに実際に役に立つ情報を書いていくつもりなので、ご期待下さい!

 - プロフィール