Net Business Winner

外資系企業でビジネスを極めた男によるネットビジネス、せどり、  ビジネス書その他気になるニュースを解説

ネットビジネスで勝つために~MSMP(マンガせどりマスタープログラム)との出会い~

      2017/11/03

情報の非対称性

こんにちは。伊坂です。前回はテンバイヤー問題について触れました。相変わらずNINTENDO Switch転売商材として盛り上がっているようですね。

 

ただ、前回お伝えした時は定価+20,000円がAmazonマーケットプレイスの相場でしたが、今日(7月30日現在)は+13,000円の出品も出てきていますので、底は打ったようです。

 

在庫を抱えている方はそろそろ売り切りを考えられたほうが良いでしょうね。かくいう私も昨日息子が「switch欲しい」と言い出したので、さっとリサーチかけて今朝ヤマダ電機いったらほぼ並ばず買えましたしね。日本のベスト10には入るまずまず大きな都市でそうですから、これからは収束に向かうでしょう。

 

いずれにしても、Switchの発売前から情報収集に努めて動いた人は一財産築いた方もいるでしょうし、いまだ「売ってない売ってない」とAmazonで高値で買う方もいるでしょう。

 

なぜか?これはビジネスでは非常に重要なポイントです。ある人達は情報を手に入れているが、多くの人達は知らない。このことを「情報の非対称性」といいます。全ての売買はこの「情報の非対称性」があるから成り立っているのです。

自動販売機のカラクリ

例えば、あなたは自動販売機のコーラがどれくらい利益が出るか知っていますか?

 

先日弊社のオフィスが入っているビルのフロアに自動販売機を設置することになり、フロアを占有している関係上、販売機の業者から「販売金額のうちこれこれの金額は場所代としてお支払します」という提示がありました。

 

それによると、コーラ1本150円で売れた場合、30円がキックバックされるそうです。

 

どう思いますか?こんなところに自動販売機がなんであるの?という場所にも設置されている理由がわかりますよね。

 

なにしろ、販売金額の1/5は場所代として徴収できるのですから。弊社では「それいらないから安く置いて」と頼んで今は120円でコーラが買えます。社員から利益取るわけにいかないでしょ(笑)。(まあ逆をいえば多くのオフィスビルや企業は社員からちゃっかり利益を取っているということになりますが・・・)

モノを買うということ

ちょっと余談がすぎましたが、缶ジュースの中身より缶のほうが高いなんて話は聞いたことありますよね?つまり、1/3場所代で放出しても儲かるくらい1本の原価は安いんだろうなということが想像できます。

 

全てそうです。天下一品でラーメンを食べる時、ユニクロでTシャツを買う時、三越でティファニーを買う時、どれも原価があって利益があるはずです。でも常にそれを把握することはできませんし、考えていたらそもそも買い物ができません。

 

ですから、全ての人は「おそらくこれくらいが相場だろう」と自分なりの価値観でもって買い物をしているはずです。それが意識的か無意識的かは別として。

 

もしご自身でなんらかのビジネスをされている方なら、自身で扱っている商品が一般の人に知れたら、随分利益取っているんだなと思われるだろうなと思い当たった方も数多くいるはずです。

 

最初のSwitchの例に戻れば、私は半日ほどのリサーチと、数軒の販売店への訪問で定価でSwitchを購入することができました。でも、もっとスマートにAmazonやニンテンドーマイストアで定価で購入している人もいれば、大規模店舗の10倍の抽選に何度も何度も並んでいる人もいます。そして、定価を超えていても手に入る手段はこれしかない・・と今この瞬間もヤフオクや、Amazonマーケットプレイスの商品も売れ続けています。

 

「情報の非対称性」があるからこそ、情報を手に入れることが現代では重要だということが、ご理解いただけるのではないでしょうか。全ての情報を得ることができないから諦めるのではなく、取れる限りの情報は取る。この意識がビジネス、特に物販ビジネスでは非常に重要になります。

 

情報商材

実は私がこの「情報の非対称性」を強く意識したのは「情報商材」の購入を検討した時です。

 

ご存知かもしれませんが、「情報商材」というのは「何らかのビジネス(せどり、アフィリエイト、FX等々)のノウハウ、システム等をパッケージ化して販売するビジネスモデル」のことです。

 

ピンとこない方は「インフォトップ」で検索して一つ、二つ閲覧してみてください。どういうものかわかると思います。

 

ただ、ご注意があります。もし「インフォトップ」を初めてご覧になるなら、商品のどれもが魅力的ですぐにも自分を稼がせてくれそうに感じるはずです。でも、すぐに買っては絶対にいけません。

 

なぜなら、そういう風に作られているからです。ありとあらゆるテクニックを駆使して、商品を見た人に購買意欲をもたせるような工夫がされていて、その気にさせるようにできているのです。なぜか?

 

それは「情報商材」が中身をみせることができない商品だからです。ノウハウは一度知ってしまったらもう一回買う人はいませんよね?ですから、商品の紹介は「中身に触れずにその商品がいかに良いかを語る」しかありません。

 

その「いかに良いかを語る」手法がどんどんエスカレート、洗練されています。そして、最大の問題は「中身はどうでも、宣伝の手法さえ良ければ売れる」ことです。

 

ですので、多くの業者は「中身を充実させる」ことよりも「宣伝を洗練させる」ことに力をいれます。そのほうが売れるのだからビジネスとしては当然の選択ですね。

 

でも、買う側からしてみれば、どれも美辞麗句でいかにも「簡単に、すぐ」稼げそうなものばかり。「これって情報の非対称性の最たるものだなあ」と強く感じました。だって、全部が全部「簡単に、すぐ」稼げるわけなどありえませんから。

 

MSMPとの出会い

やっと本題まできました。いつも前置きが長いのでここまでお付き合いいただいた方には感謝しますし、それに見合った情報も提供させていただきます。

 

さて、そんな情報商材の美辞麗句にウンザリしていた頃に出会ったのが、この「MSMP(マンガせどりマスタープログラム)」です。

 

当時、私はネットビジネスの中でも物販に強い関心があり、その手の情報商材をチェックしていたのですが、強く引きつけられたのがMSMPでした。

 

理由を説明するのは困難です。私の今までのビジネスの経験によって得た洞察力、とでも言えばいいのでしょうか。総合的な判断として、とも言えます。

 

言えるのは作者の方の言葉の端々に現在のネットビジネスを良しとしない強い意志が感じられました。そこに共感したのも購入にいたった大きな理由です。

 

それでも、中身のわからない情報商材を買うわけですから、半信半疑です。いえ、ほぼ疑いながら「中身がしょぼければ自分の選択ミスだから、お金は捨てたものと思おう」という覚悟で買いました。

 

先程、「インフォトップをみてもすぐには絶対買わないでください」と言ったのは、こういう覚悟を持たずに購入すれば「騙された、お金を損した、買わなきゃよかった」と後悔することになるからです。

 

残念ながら多くの情報商材は「売る」ことだけが、目的です。ですから、思い込みだけでなんとなく買えばほぼ間違いなくどうしようもない商品に当ってしまいます。

 

それを避けるには私のような覚悟をするか、先に買った信用のおける人のお勧めに頼るべきでしょう。

 

皆さんにとって私がそういう存在足り得るか?それは皆さんが判断されるしかありませんが、このネットビジネスの世界についてブログスタート時から今まで常に正直に述べてきました。

 

これだけ書くと営業妨害だと怒る方もいるだろうとは思いつつ、少しでもネットビジネスをこれから始めようという方の役に立つ内容にしています。

 

共感いただける方が一人でもいることを信じて続きを書きます。

 

MSMPで稼ぐ

話を戻しますと、半信半疑で買ったMSMPですが、大正解でした。ネットビジネス、特にマンガせどりの手法をすぐに習得することができましたね。

 

なにが良いか?サポートはマンツーマンでお返事いただけますし、ノウハウも基礎から実際に販売するところまで抜けがありません。

 

これだけでも素晴らしいのですが、特に良いのは「情報の非対称性」を利用したそのビジネスモデルです。やっと「情報の非対称性」について長々と話した理由を理解いただけましたね(笑)。

 

これ以上は詳しく言うと作者の方の著作権侵害になるので、この辺にしておきますが、このビジネスモデルについて、理論背景と実践方法を包み隠さず述べているのが凄いです。

 

実際につい最近もこの手法を用いて私も32万円ほど稼ぎました。まだ売っている方がいるので商品を出せないのが申し訳ありませんが、落ち着いたらまた紹介したいと思います。

 

以前述べましたが、私は本業も大変忙しいのでネットビジネスは正直、片手間です。それでもこれだけ稼げるのですから、非常に可能性を感じるビジネスモデルと言えるでしょう。

 

興味を持っていただいた方もいるとは思いますが、残念ながらMSMPは今は販売休止中です。でも、私はちょうど良いと思います。

 

私が紹介したからといって、それが全て真実であるという保証はありません(私はそのつもりですが・・・)。ですから、もしMSMPに興味をもたれたならご自身で調べてみてはいかがでしょうか。

 

今ならGoogleで調べれば、多くの記事が出てくることでしょう。MSMPは前回の販売時にはしばらくトップ商品でしたから、多くのブロガーが取り上げているはずです。

 

批判的な記事、べた褒めな記事いろいろあるはずですので、それらを読まれた上で自分はどうするか判断されると良いでしょう。

 

読み方で一つご注意いただきたいのは、ブロガーの目的は「自身のサイトに来訪者を増やす」ことです。

 

ですから、トップを取ったMSMPのような商品は批判的な記事が多くなります。誰でも「あんなに売れているけど、実は・・・」という記事のほうが読みたいものですからね。そういう裏を読む練習もしていきましょう。

 

最後に一つ。実はMSMPをここで取り上げたのは再販が近いという情報が入ってきたからです。興味をもっていただいても購入できない商品を紹介しても皆さんにメリットはありませんが、再販が近いなら皆さんにいずれ購入いただくことも可能になります。

 

ですから、もしMSMPに興味を持ったなら続報をお伝えしていきますので、またご来訪いただければお役に立てることでしょう。

 

※コーラの価格に誤りがありましたので、訂正しました(2017.7.31)

 - コミックせどり