Net Business Winner

外資系企業でビジネスを極めた男によるネットビジネス、せどり、  ビジネス書その他気になるニュースを解説

顧客から信頼を得るたったひとつの方法

      2017/11/03

こんにちは、伊坂です。

 

「内田有紀」という女優さんをご存知ですか?この方↓

 

個人的には大好きな面立ちで、CMに出るたびに見とれてしまうのですがそれだけではなく、同時に安心感も抱きます。

 

「好きだから見とれる」は当たり前のことですし皆さんも誰かしらそういう対象がいることと思いますが、「安心感」という感情はなぜ湧き上がるのでしょう?そこに今日お伝えしたいポイントがあるのです。

 

「内田有紀」さんがTVでもっとも活躍されていたのは90年代後半。その頃がちょうど私が一番テレビをみていた時期と重なります。

 

ですので、当時「内田有紀」さんの顔はテレビで、店頭であらゆるところでみない日はなかったわけです。

 

その後、「内田有紀」さんは結婚されたりしてメディアへの露出はぐっと減ります。最近はドラマに出たりされてるようですが、今度は私がテレビをみなくなったのでこれは今ネットで調べて得た情報です。

 

このように、私にとっては「内田有紀」さんは正直「過去の人」(あくまで私にとってですよ)です。でも、自動車保険のCMに出ていたりすると、やっぱり見てしまう。

 

これは過去に「内田有紀」さんの顔にとても多く接触していたので、無意識に「信頼」してしまっているんですね。

 

芸能人は「信頼」を得やすい

 

なぜ芸能人がCMに使われるかを考えたことがありますか?人間は単純なもので「多く接触した人を無意識に信頼してしまう」傾向があるのです。

 

もちろん、芸能人の場合は「見た目が良い」こともあります。残念ながら「見た目が良い」人のイメージが良いというのは事実です。まして芸能人はその「良いイメージ」をいかに築くかに全力を注いでいる人達ですから、CMにも使いやすいですね。

 

でも、必ずしも見た目が良い人だけではなく、例えばお笑い芸人の方たちだってたくさんCMやっています。イメージだって必ずしも良い人ばかりではないですよね?

 

それは私達が芸能人を「見慣れて」いるからです。人は見知らぬ人よりもよく知っている人を信頼します。そして、芸能人のリアルは私たちはきっと何も知らないのでしょうけれども、「見慣れて」いるがゆえに無意識に「信頼」してしまうんでしょう。

 

一般人の私達が信頼を得る方法

では、ネットで知り合って顔も見たことがない状態で商品を販売しなければならない私たちはどうしたらよいのでしょう?もちろん、真摯に要望に応えたりという人間としてのマナーは当たり前ですが、それ以外ではとにかく接触回数を増やすことです。ビジネスの世界では「タッチポイントを増やす」と表現されることが多いですね。

 

あまりここまで解説した上で勧めている講座はみたことがありませんが、今ネットビジネスで盛んに行われているブログを作ったり、メルマガを書いたり、Youtubeに投稿したりは全てこの顧客との接触回数を増やすためです。

 

もし直接顧客と会う商売なら、とにかく面会回数を増やすことと言われています。

 

「30分1回会うより、10分3回会いなさい」

 

ビジネス書にもよく書いてありますが、これは私の経験からも真実です。

 

そして、ネットビジネスではあなたの容姿がマイナスになることはありません!これはすごく大きなアドバンテージです。もちろん顔に自信があるのかガンガン顔を晒している方もいらっしゃいます。メリットがあるものは使ったほうがいいですから、それもいいでしょう。

 

でも、必ずしも魅力的な笑顔でなくてもネットビジネスでは商品を売ることが可能です。むしろ、文章や音声、対応等ビジネスの本質で判断してもらえますから、これほど公平な商売もないなと思います。

 

もしネットビジネス講座等を受講されて、「なんでこんなにブログ作ったりメルマガ作ったりしなきゃいけないんだろう?」と疑問に思われている方のちょっとした助けにでもなれば幸いです。

 - ネットビジネス解説