Net Business Winner

外資系企業でビジネスを極めた男によるネットビジネス、せどり、  ビジネス書その他気になるニュースを解説

モノを売るなら必ず読むべき1冊~クロージングの心理技術21~

   

こんばんは、伊坂です。今日から少しぜひ読んでほしいビジネス書を紹介したいと思います。ネットで情報を得るのもいいのですが、1冊の本、特にビジネス書の良いものは繰り返し読む価値が確かにあります。特に今日ご紹介するのは、なにがしかの商品を販売しているならすぐに役に立つので皆さんにぜひ読んでほしい1冊です。

 

日本のビジネス書は役に立つでしょうか?

本を紹介する前に少しだけ私が思うことを書きますね。私もいわゆるビジネスマンですから、大型書店にいって「ビジネス書」のコーナーから何度も何度も購入しては読み、購入しては読みを繰り返しました。その結果思ったことがあります。

 

それは、「日本のビジネス書はそもそも役に立たないか時代遅れのどちらか」ということです。もちろん、すべてのビジネス書を読み漁ったわけではないですから、優れたビジネス書もあるのかもしれませんが、私は出会うことができませんでした。

 

そして、確率からいえばアメリカのビジネス書の方がはるかに役に立つことが多いです。なぜでしょうか?理由は2つあります。

 

1.アメリカはビジネス先進国でビジネス学も進んでいる

私はアメリカひいきというわけではないのですが、残念ながらこれは事実です。MBA(経営学修士)の例を出さなくてもアメリカほど本気でビジネスを研究している国はないでしょう。以前も書きましたが、アメリカのビジネス学は日本の10年は先をいっているといわれています。

 

その成果がビジネス書の中味にも反映されるわけですから、おのずと日本にはまだ導入されていないか、目端が利く人だけが取り入れている最新の手法が紹介されていることになります。

 

2.競争を勝ち抜いたビジネス書だけが翻訳される

理由としては実はこちらの方が強いかなと思っています。きっとこれは本当にアメリカに行って実地調査しないとわからないことなのですが、アメリカにもですね「大成功したオラが教える20の法則」みたいなしょうもないビジネス書もいっぱいあるんだと思うんです。

 

ただ、翻訳して日本で販売するとなると相応の費用がかかりますし、なんでもかんでもというわけにはいきませんよね。いきおい、ベストセラーかそれに近いものが選ばれるはずです。その段階でかなり選別がされているので、もともと質がいいものが多いアメリカのビジネス書の中でも「大当たり」だけが翻訳されているから「日本のビジネス書より、アメリカのビジネス書の方が当たりが多い」ということになっているんだろうと思います。

 

モノを売るなら必ず読むべき1冊~クロージングの心理技術21~

これは以前ご紹介したダイレクト出版という会社から出ている翻訳書になります。通販専用なので、紹介ページも大変良くできていて私が紹介するよりも上の画像からリンクを飛んでいただいたほうが早いのですが、それでは私のブログで紹介する意味もなくなってしまいますので、少しだけお話しします。

 

そもそもこのダイレクト出版については以前の記事を読んでいただいたほうがよいのですが、簡単に言うと「自分たちでこれは!と思ったビジネス書を翻訳して販売している会社」です。そういう意味では上で書いたようなベストセラーばかりではないのかもしれませんが、今のところ良い選球眼をしているようなので、信用してここの本は定期購入してます。

 

さて、本の中味ですが、ほぼほぼ買い手の心理についての考察です。つまり買い物をするときに私たちが無意識にたどっているプロセスを丁寧に解き明かしています。

 

そして、面白いのは「こういう心理があるんだから、あなたは~~と言えばいい」と非常に具体的なフレーズや、言い方、データの使い方が示されている点です。理論だけ示されて「さあ、これを踏まえてセールストークを工夫しましょう!」と言われても「それを教えろよ」と突っ込みたくなる本が山ほどありますが、この本ではちゃんと例が細かく示されているのがすごくいいです。

 

口頭でのセールストークが中心ではありますが、ネットビジネスでのコピーライティングにも非常に参考になりましたね。

 

例えば、「長さは力」という章があります。ネットビジネスをしている人なら、ブログを書くときやアフィリエイトの文章を書くときに、どこかで「紹介文は長ければ長いほどいい」と教えられてそうしていることと思います。では、なぜそうなんでしょう?1つ2つは皆さんも答えを持っていると思いますし、なんとなく感じていることもあることでしょう。

 

でも、この本ではなぜ「長さは力」であって、そのためにどういう風にしたらいいかがクリアカットに書いてあります。「ああ、やっぱり長くすべきだな!」と頭がすっきりしましたね、私は。

 

そういう意味ではとにかく実践してみてなんぼの本です。読んで面白いのは面白いですが、実用のための1冊といえます。

 

ひとつ難点はあります。高いです。ただ、面白いことに「返金保証」がついてます。さすがこのあたりネットビジネスをわかっているな、ダイレクト出版!という感じですね(笑)。

 

もしご興味を持たれたなら、ぜひ紹介ベージをのぞいてみてはいかがでしょう。あなたの販売テクニックが2ランクはアップすることがお約束できますよ。

 

伊坂でした。ではまた!

 - ビジネス書